初めての方はホームページ『SamuraiBoots Co.』からどうぞ

ウエスタンブーツ生活『サムライブーツCo.』

アクセスカウンタ

zoom RSS 見えない魅力はどこからくるのか?リオスオブメルセデス工場。

<<   作成日時 : 2012/07/18 13:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

Rios of Mercedesの工場。
レンガに旧ロゴ、魅かれますね。
ひきつづき福禄寿さんが撮影された画像をピックさせていただきました。

近頃、なんでもかんもマニュアル化された世の中で、製品もサービスもすべて均一化。
おかげでこちらは安定したものを安価に享受できるし、だれでもマニュアルにそって仕事すればある程度の結果がでる、便利な世の中です。

でも、便利だけで、何かもの足りない。
そんなもの足りなさを嘆くのは、もはや贅沢なのでしょうか。
画像

そんなもの足りなさを補ってくれるのは、やはり作る人の魅力なんじゃないかと思っています。

iPhone工場は清潔で整然が似合いますが、自分で履くブーツの工場はこれくらいの男っぽさが似合ってます。
画像



画像


僕にとってブーツは単なるファッション、たんなる靴ではなく、こういう世界をひきずっている大切なライフスタイルそのものです。
画像

ウエスタンブーツがもっている匂ってくるような魅力は、こういった仕事場から出ているのだ!と、まじめに思っています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
カップラーメンの麺ひとつをとっても、麦を蒔く作業から始まります。決まった作業を繰り返しつつも、誰かの食卓に想いを馳せる人だって居るはず。
この工房の人たちも、きっと、無心の作業に人生の幾分の1かを込めているのでしょうね。先日のミシンの出で立ちも、そういう幾世代にも渡る遺産に違いないのだと思います。
私感によるリオスのブランドイメージですが〜
押し付けにならぬ程よさで、受け手にも社の空気が伝わってきます。勿論、この工場が在ればのことでしょう。
勉強不足ですが、今回の記事を見て、僕もリオスを履いてみたくなりました。では。
ツキ
2012/07/18 19:01
いつかはこの工場に行ってみたい!
最近、リオスの話題ばかり紹介していますが、たまたま私がリオスを気に入ってるから。他のメーカーにも興味あり!ですよ。
しずき
2012/07/19 15:30
しずきさんご無沙汰です。
あくまで私の主観ですけど、リオスはどこかノスタルジックで、履くと優しく守ってくれてるような感じがします。こんなすばらしい未知の世界を日本に広めてくれた青山のお店にはほんと感謝ですね。
ぴかいち
2012/07/19 17:16
ぴかいちさん、お元気ですか?
おっしゃるとおり、どこか懐かしさをおぼえる感覚、私も感じます。
どこから来るのでしょうか?やはり、こういう仕事場の雰囲気がブーツに伝わってるんじゃなのかなって思ってます。
しずき
2012/07/19 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
コメントは管理人により予告なく削除することがあります。
画像
author:しずき 

ご連絡はMAILでどうぞ!

初めての方はホームページ『SamuraiBoots Co.』からどうぞ
見えない魅力はどこからくるのか?リオスオブメルセデス工場。  ウエスタンブーツ生活『サムライブーツCo.』/BIGLOBEウェブリブログ
Facebookページ SamuraiBootsのFacebook始めました!
文字サイズ:       閉じる