トニイ・ヒラーマン『時を盗む者』

画像

時を盗む者とは、盗掘者のことをさしています。アナサジ族という、今では消滅してしまった先住民の遺跡を荒らして壷などを盗掘し、密売する輩がたくさんいるらしいです。
 
これもリープホーンとジム・チーによるナヴァホ警察のストーリーです。
ウエスタンブーツ/カウボーイブーツ好きの僕が気になる部分では、登場人物のひとりが履いているカウボーイブーツに対するリープホーンの面白い感想です。

 そのまま引用しますと、”・・・のブーツはよごれていて傷がついていたが、かかとが低くて実用的だった。やわらかい茶色の革で、ぴったり足に合っていて、きわめて高価なものらしかった。”とあります。

 ナヴァホ警官である リープホーンなどは実用的なワーク系のカウボーイブーツを履いているイメージが僕にはあるので、こういった高級ブーツというのは、彼らにとってどういうイメージでとらえられているか、少しだけうかがえる気がします。
 クロコやスティングレーといったエキゾチックレザーなどのウエスタンブーツを見たら、彼がどういう感想を持つのか聞いてみたいです。

原題 A Thief of Time
1990年12月にハヤカワ ミステリアスプレスから発行されたものを読みました。

トニイ・ヒラーマンの本アマゾンでみつけました!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント