『Free&Easy』誌8月号(フリー&イージー)

画像

Free&Easy誌は創刊時から目に留まる記事があると買ってます。
そんなに誇れるほどの購読者ではないですけれどね。

しかし今回の8月号は買いました。なんといっても当然、ウエスタンブーツが載ってたから。

最近はへそ曲がりになっちゃったせいか、近頃の雑誌全般に言えるお決まりのカタログ的内容には興味がなくなり、ちょっとした記事や写真が気に入った時のみ本を購入してます。

今回の『Free&Easy』は、38ページにのってるロバート・レッドフォード氏の写真が最高です!

この記事によると1986年に映画を撮った時にカメラクレーンに座る氏の姿のようです。

なんといってもここで注目すべきは、ロバート・レッドフォード氏の履くカウボーイブーツです。

茶色のリザードで作られたヴァンプ、トップは少し濃いめの茶色にグラデーションのステッチ。

それにあわせたジーンズは、リーヴァイス?
ラングラーではないですね。(次ページの姿も参考に)

めちゃめちゃ、かっこいいです。
こんな感じでさらっと日常スタンダードな履物としてカウボーイブーツですごしたい!!
いかにも!のウエスタン風でもなく、ネイティブアメリカンでもない、いい味でてます。
履きこなしてらっしゃいます。
ここが大きな問題点で、ウエスタンブーツに翻弄されている僕との大きな違いです。

こんな感じで、生まれた時からブーツ履いてました!的なおっさんを目指したいです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

さてい
2006年07月02日 17:57
先程、立ち読みしてきました(買えよw)

>生まれた時からブーツ履いてました!的なおっさんを目指したいです。

とてもカッコいい写真ですし多分、私たち世代の方の殆どがしてると思う、パンツをブーツに被せたスタイルですね。
此のかっこよさは肩肘の張らない、洗いざらしのシャツ&パンツにヘアカラーとベストマッチのブーツで醸し出されてますね、此の写真をヒントに此れからの時期ブラウン系のブーツを履くと自然なサラリ感が出るのでは無いでしょうか?