『HALL』さん、神戸三宮のショップさんに行ってきました。

『HALL』さん、神戸にあるショップさんに行ってきました。
画像
商店街の二階にある素敵なお店です。
掲げられた星条旗が目印です。

画像
お店に上がる階段に置かれたマット。

画像

店内はおしゃれなインテリアでいい雰囲気です。アメリカのカントリーストア的な雰囲気をもってるショップは多いのですが、『HALL』さんはそういういわば泥臭さがなく、清潔感あふれてます。
僕の勝手な見解ですが、お店の方にお話をうかがっているうちになんとなくその理由がわかってきました。
『HALL』さんでは女性向けの商品が充実してるのです!
ここは女性のお客様がくつろげる空間だと思います。
もちろん、僕もあつかましくも快適な時間をすごさせていただきましたけれど。

お話を聞かせていただいたお店の方はなんとFUNNYさんの元社員だったそうです。
もうかなり昔の話です、との前置きでしたが面白いお話を聞かせていただきました。
当時、日本国内でウエスタンブーツを製造しよう!とのプロジェクトを立ち上げて、アッパー部分を担当されていたとか。
ウエスタンブーツの筒の部分は作る時には内側を表にして作業し、最終的に裏表ひっくり返すそうです。(分かりますか?この表現で。例えるなら靴下の裏表とひっくり返すような要領)大人用は上手くできるそうですが、子供用は小さくて内側に手が入らないので苦労されたそうです。
最終的にひっくりかえす道具まで自製されたそうですよ!
修理も初期の頃は社員さんで作業されていたそうです。

画像
お店にディスプレイされていたジャスティン。復刻バージョンらしくプルストラップなどが昔のデザインでしたよ。

FUNNYの社員さんでブーツの修理をしていた頃、アメリカに出張に行く社員さんたちは『Paul Bond』というブーツ屋さんで競ってオーダーしてたそうですよ。当時の社員さんの間では相当人気があったそうです。
僕がインターネットで調べた結果、ここじゃないかと思います。
PAUL BOND
アリゾナにあるみたいですね。そういえば有名な『The Cowboyboots Book』にも載ってました。

ますます奥が深くて楽しい世界です。
そんな世界をほんの少しのぞき見させていただいた気がしました。
いわゆる日本でのブーツ黎明期。
この頃からすでにアメリカ人のカウボーイブーツからの脱却が始まってたのでしょうか。
それが仕方なく、という理由だったのかもしれませんけれど。

独自の道を切り開いてまでもウエスタンブーツを履く。
やはりサムライブーツへの道を感じたわけです。

HALL
神戸市中央区三宮町2丁目9-11ヤマモトビル2F
TEL&FAX 078-321-3511
ホームページはこちら 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

さてい
2006年09月29日 00:33
海外からの文化が古くから入って来た港町だからでしょうか?神戸にはウエスタン系のショップが多いですね、そしてHPを拝見した処ではコテコテのウエスタンよりもセレクトショップの仕立ての好いカジュアルに+ウエスタンテイストと言った感じに見えますね。
しずき
2006年09月29日 08:26
そうなんです。お店の方もいわばセレクトショップだとおっしゃってました。お洒落なお店で女性にも入りやすいと思います。
PINE
2006年09月29日 16:32
久し振りに『HALL』さんのお名前を目にし懐かしく拝見させていただきました。
北野さんはお元気にされていたでしょうか
お店の事は頭の隅に有ったのですが
出不精の為^^;いまだお伺いもしていませんでした。
おかげさまでHPも拝見させていただき
ありがとうございました。
しずき
2006年09月29日 22:40
「松ちゃん」はええ奴やーとおっしゃってました。