リオスオブメルセデス コレクションNO.17

画像

リオスオブメルセデス

茶色のローパーブーツ
このリオスオブメルセデスの特徴はソールがゴムで出来てることでしょう。
おそらく多くの人が革底を選んでいると思いますが、それはゴム底は安っぽいというイメージからじゃないでしょうか?

でもよく考えてみたら、ワーク系のブーツはほとんどゴム系のソールを採用していても全く安っぽい感じはしていません、むしろハードなイメージ。
どうしても僕達はウエスタンブーツというとドレッシーなものに目を中心に考えがちですから、ゴム底には若干の違和感を持つのかもしれませんね。
画像

NEOLITE
OIL RESISTANT
と書いてあります。
しかしこのゴム、履いてみるとかなりいいですよ。
なんといってもスニーカー感覚で天候気にせず履けますから。
一本こういうタイプを持ってるとかなり便利に履きまわしができそうです。
画像

レザーカービングされた革で飾られていますが、ハンドクラフトではなくおそらく型押しだと思われます。(自分で革に彫刻したことがないので不確かですが。)
画像

ローパートウにウエルトのステッチはダブル。履きやすそうなタイプ。
底がゴムなので、少し重い。
持ってみると普通のウエスタンブーツというよりキレイめのレッドウイング的ペコスのイメージでしょうか。

ちなみにこのリオスオブメルセデスは友人のブーツ。僕はまだリオスを持っていません。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年09月26日 17:15
このカカトゴムは交換されてしまってますね。
そして、興味深いのは品番?製造番号とサイズのスタンプが無いことですね。通常、履き口裏側にスタンプされているのですが。
しずき
2006年09月26日 17:26
そうなんですか!
スタンプの有無を調べてみます。
ありがとうございます。