ベーリーストックマンさん訪問記

 先日、東京青山にある有名店、『ベーリーストックマン』さんに行ってきました!!
前回はブログを始めて間もない頃でしたので、僕が勝手にお店のリポートなどを書いてしまいたいへん失礼してしまいましたが、今回は無理をお願いして取材させていただきました。
いつもブーツを取材提供していただいている友人のT氏と同行でしたが、大歓迎していただきました!
下はリオスオブメルセデスのならんだ棚
画像


 なにぶん素人かつ初心者ですので教えていただくことばかり。
はじめて聞くことに目から鱗どころの騒ぎではありません。たいへん勉強になり、ますますウエスタンブーツが好きになりました!

 『ベーリーストックッマン』さんといえば、リオスオブメルセデスとブラックジャックで特に知られた超有名店。
 その二つのブランドとの親交もきわめて深く、他では得る事の出来ない情報もりだくさんのお話を頂戴しています。

 特に印象に残ったのはリオスオブメルセデスのウエスタンブーツに対する真摯な考えと愛情です。
頑固者として知られているリオスオブメルセデスの社長さん、スナップ写真を拝見させていただきましたがそのまんまのイメージ!でした。
例えば品質について。
 不良品が発見された場合など他のブランドではB級品として安く販売してしまうことはよくありますが、リオスオブメルセデスは違います。
 ベーリーさんでもちょっとした不具合を指摘したことがあって、その時には返品などではなくすぐに廃棄して欲しいとの要請があったそうです。しかも廃棄の要領について細かく指示があり、(例えばこの部分をこういう具合に切り落とす様に、とか)最終的にはバラしたトップを写真に撮って送ったとのこと。
下がその時の残骸。
画像
指示とうりに切ってあるのでみんな同じ形です。
 他には新品のリオスオブメルセデスを見た時に他のブーツにくらべてマットな感じの見た目に気づかれた人も多いと思います。
 ウエスタンブーツは一般的に工場から出る時に革の上にクリアースプレーを吹き付けて艶だしされてることが多いそうですが、リオスオブメルセデスは違うそうです。革そのままの風合いが生かされています。その点通気性も良く見た目も自然。
 下はベーリーストックマンさんならではの革見本。左の艶の無い革はなんとカバ。
カバは象やシャークスキンとならんで非常に丈夫でキズつきにくいそうです。僕はこのカバ革に魅かれましたねーカバ革のローパーブーツが欲しくなりました!!
画像


足のサイズも計っていただきました!
画像

 たくさんお話お聞きしましたのでこれくらいの記事では書ききれません。一気に書き込めないので少しずつご紹介したいと思います。
 正直言って僕の頭じゃ限界超える情報量なので知識として整理するには、また時間をみつけてお店にお邪魔させていただければと思ってます。
今後ともよろしくお願いいたします!
ありがとうございました!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

こんの
2007年05月27日 19:28
先週は、ブーツハンガーを買いに、今週はLEXOLを買いながら、気になっていたブーツを見てきました。終業時間もまわっていたのに、店長からブーツについてのさまざまな話を聞かせて頂き、なんと収穫の多い時間だっただろうか。とりわけサイズの話とLEXOLを使ったブーツ磨きの実演にはショックを受けました。豊富な経験と知識による接客。私も技術屋として頑張らねば。と考えさせられました。
ありがとうございました。
しずき
2007年05月27日 22:29
店長には私も随分お世話になっています。
知識も豊富で毎回アドバイスいただき、勉強させていただいてます。
そのうちお店でお目にかかるかもしれないですね。