ウエスタンブーツをライフスタイルへ

画像

ブーツ好きなら誰にでも想い出の一足があるはず。
この象革のウエスタンブーツはパインさんにとって大切なブーツにちがいない。

高砂市にある『Pine☆Field』さんがウエスタンショップという、いわばマニアチックとも言えるショップを開業するきっかけを与えてくれたカウボーイブーツがこれです。

画像
象革でつくられたヴァンプ。前回にもご紹介した奈良で作られたというカウボーイブーツです。
パインさんが開業されるずっと前に大阪のファニーナビオ店でオーダーされたそうです。

若き日のパインさんがあれこれ迷いながら楽しくオーダーされる姿が目に浮かぶようなブーツ。
画像


ソールにはリペアされた跡もあり、長年愛用されてきたことがよくわかります。
画像

トップにインレイされた同色の象革
画像


まさにこの一足がきっかけで歩み始めたショップオーナーへの道。
サラリーマンの僕からすれば、その情熱に敬意をささげる次第です。

ウエスタンブーツというライフスタイルがまさに、ここにある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

PINE
2008年07月17日 16:14
確かに思い出のブーツです。。。
ソールリペア終了後、一度は履かずに飾っておこうかとも思ったのですが(内側の皮革が朽ちはて表面のゾウ革のみでもっているようなもんですので...^^;)
but!所詮、履物...履いてこそ生きるモノ、と言う事で、何かのイベント時には足を入れる一足です。
たぶん、これからも傍らに有り続ける一足でしょうね。。。
しずき
2008年07月19日 09:21
いい表情になったカッコいいブーツですよねー。
私も飾っておくことなく、どんどん履いてこういうブーツを目指したいものです。