アメリカからのお便り、トニーラマです。

トニーラマ Tony Lama.
もはやおなじみの感もある、SamuraiBoots Co.のファミリー的存在、アメリカ在住「秋」さんのレポートが届きました。
以下、「秋」さんから送られた全文です。お楽しみください!!


皆様こんにちは。米国某地方在住の秋です。 
ここで紹介するブーツは、トニーラマのデッドストックです。隣町のウエスタンファッションの
お店で発見しました。
画像

ヴァンプはチョコレート色で皺の入った牛革、シャフトは箱の表記によればチョコレート色ですが
見た目は黒のスムースレザーです。装飾はトウフラワーと、シャフト上部に控えめなステッチが入って
います。
画像

底は革で、さすが綺麗に磨いてあります。
よく見ると、土踏まず部がペグと釘でとめてあるのが分かるでしょうか。
画像


画像

ブーツ内側のタブと、製品番号やサイズ等の表記です。
ちょっとマニアックですね…
ちなみに中底も革です。
画像

再び全体像。
ヴァンプの革が、年季の入ったようないい雰囲気で個人的には気に入っています。
これで履いている人の未熟さをカバーしてくれればよいのですが…
画像

ヒールは、ローパーのようにベースが広く歩きやすいです。このようなスタイルのブーツをストックマンというらしいですが、全体的に普通のカウボーイブーツとローパーとの要素がからみあっています。

同じ製品番号(2032)のものは今でも製造されているようですが、デザインも造りも微妙に違います。

このブーツは古き良きアメリカのことを思い浮かべながら大切に履いていきたいと思います。


~~~~秋さん、いつもありがとうございます。~~~
ちなみに秋さんによる以前のレポートhttp://silentree.at.webry.info/200712/article_5.html
                 http://silentree.at.webry.info/200712/article_6.html
                 http://silentree.at.webry.info/200712/article_7.html
                 http://silentree.at.webry.info/200806/article_3.html



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年10月02日 05:22
本人です
しずき様、掲載どうもありがとうございました。
ところで話は変わりますが数日前、かのJennifer Juneさんと会って話をする機会にめぐまれました。そう、ブーツの本やウエブサイトで知られているあの方です。たまたま私のいる所からそれほど遠くない場所でサイン会をされていたので、行ったら意外と気さくにいろいろブーツの話をして質問にも答えてくれました。とにかく私にとっては感激のひと時でした。
しずき
2009年10月02日 23:26
私もJennifer Juneさんからメールマガジン来てました!
Napa Valley でイベントがあるってことでしたね。
秋さんは行かれたんですね、うらやましい。