『Dream Boots Factory』さんへ行ってきました! その3

画像

ドリームブーツファクトリーさんのシャンク部分。
かなり急激に隆起してるのがお分かりいただけるでしょうか。
お話をうかがうと、シャンク部品には、釘をたたいて平にしたものを使用されているとのこと。

市販されている鉄製のシャンクというのも存在していますが、あえて釘を使用しいるそうです。
釘の細さのため、ここまでシャープな隆起ができあがるそうです。


こちらは市販シャンクで作ったもの。
画像

かなりの違いがあります。

こういった派手さのない部分ですが、履き心地に大きな影響を与えるパーツです。

ウエスタンブーツならではの、作り手の思い入れが伝わってくる重要なこだわりです。

次回はドリームブーツさんで撮影させていただいた小物をご紹介します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのコメント

ミュウ
2011年11月14日 10:44
手作りならではですね。
こういった事で履き心地が変わってくるのですね。
勉強になりました。
しずき
2011年11月14日 11:00
ミュウさん、おはようございます!
履いてると目にすることが無い部分ですが、ブーツの個性が出る重要なところのようです。
私は職人ではないので、細かい作り方の知識はないのですが、一人のブーツファンとして、お伝えしていきますね。
靴修復士
2011年11月17日 00:00
踏まず部が、より細く見えてスタイリッシュな感じがします。
勉強になります。
しずき
2011年11月17日 07:31
踏まず部分はかなり細くてカッコよかったですよ!!