TRAVIS タン・ラフアウト Rios of Mercedes 福禄寿さんにて

画像

リオスオブメルセデスで作られた福禄寿オルジナル、TRAVIS、タン色のラフアウト、つまりは起毛した革。

こいつもなかなかいい味出してます。
ちょっと70年代っぽいとこが良いなー。

画像

Dトウ。
このブーツはウイズがDなので、前回のブラックより若干シャープな印象です。
細いトウなので、ウエルトステッチもシングルになっておりシンプル。
今回見た3速のなかでは、こいつが一番気に入りました。
履いてると汚れていい味になりそうだし。


この日は平日だったんですが、ひっきりなしにブーツを受け取りに来る人が来店され、広くはない店内がいっぱい。
長い間待って、ようやく出来上がったブーツを見る皆さんが、子供のようにキラキラした笑顔で来店されるのが良かった!
まだまだブーツ業界も心配なしって感じ。

ご迷惑にならないように早々に引き上げました。
次回はこの日受け取った自分の修理あがりをご紹介するかな。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

ツキ
2017年08月06日 10:54
スマートでおしゃれなブーツですね。
ステッチに余計な色をのせていないので、より、その端正な顔立ちが活きています。
少し汚れてくると、今度は逆にワイルドな雰囲気が出てきそうです。持っていたら、経年変化を楽しめそうな一足です。
しずき
2017年08月06日 19:42
ツキさん、コメントありがとうございます。

経年変化は間違いなく大きな影響を及ぼすブーツですね。
カッコよくなりそう。