Olathe オレイサ カスタムブーツ

Olatheブーツ。
皆様、明けましておめでとうございます。
今年初めてのブーツはこちら。
画像

Olathe オレイサのカスタムブーツです。
かなり細かな部分まで念入りにデザインを指定しカスタムオーダーされたオレイサです。
例えばトウ のウイングチップ。
画像

そして10連のステッチ。
これはデザインからおこし、図面にするところから開始されています。
画像

トップのカラーデザインも然り。
画像

そして、2色で指定されたプルズのステッチ糸。
画像
少しヴィンテージブーツに通じるカッコよさがあるなーと思っていたら、オレイサの前身ブランド、Hyer ハイヤーブーツの50年代へオマージュだそうです。

ここまでご紹介すると、いかにも簡単に理想のブーツが手に入るように思われるかもしれません。
しかし、いくら入念にして打ち合わせしても、どうしても頭の中で描いていたデザインと完成品では、ある程度のギャップが生まれます。

それは、作成上どうしてもデザインどうりにできなかったとか、強度の問題で仕方なく、はたまた単なる行き違い、職人が細かい作業するのが面倒になっちゃった?、とか、本当の理由はわかりません。
わかりませんが、あらゆる事情で理想とは少し違うブーツになることがあります。

ですので、あまりにも理想の具現化を求める人にはオススメできないかもしれません。
少々違った部分があっても笑って履ける人じゃないと難しそうです。

今回ご紹介したブーツは、試験的にオレイサにオーダーしたもの。

ですので、ご紹介しておきながら申し訳ないのですが、ショップでオーダーを受けてくれるかどうかわかりませんので、あしからず。

もし、完璧を求める人には、さすが本場の広いアメリカにはそういう仕事をするブーツ作家も存在しますので、そちらでオーダーしましょう。
もちろん価格は桁が変わってきますけれどね。



この記事へのコメント