ウエスタンブーツ コレクションNo.8

画像

トニーラマのリザード
これも会社の先輩が履いてるウエスタンブーツです。もうひとつ同じトニーラマのリザードで奥様が履いてるものがあるので次回ご紹介します。
ドレスブーツの代表格みたいな感のあるリザードですが、履いたかんじは、は虫類系のなかでも馴染みやすくてジーンズにはもちろん、チノパンやウールのスラックスなどでもあわせやすい素材です。
特にこのピーナツ系のブラウンは優しい色で上品。
近ごろはリザードも一般的に市民権を得たようでウエスタンブーツ以外にも使われるようになり、女性のバッグやらパンプスにもなってるのを街中でよく目にしますね。
リザード履いただけで、同じジーンズ履いても急に上品な雰囲気になりますね。前回のオレイサのワイルドさとは全く違ったイメージになります。このあたりがドレスブーツたる所以です。
画像
画像

これは以前お話しした福岡は警固にあったブーツ屋さんで買ったそうです。
10年以上履いているわりにかなり状態はよくて愛情もって手入れしてることがよくわかります。つやつやです。
ちなみにウエスタンブーツの下に映っている丸くて白いものは古くなったドラム(楽器のドラム!)の皮だそうです。このドラムも特別にアメリカからとりよせたらしく、ものにこだわる先輩らしさが伝わってきました。どうやら同じメーカーのものでも日本に正規で入っているタイプとアメリカでしか手に入らないものでは音が全く違うそうです。音楽には門外漢の僕ですが、そういった違いに敏感になってしまうという感覚はすごくよくわかります。

この他にも革ジャンなどのお気に入りアイテムを見せてもらったのですが、すべてきちんと手入れのうえ保存されており、カビはえた僕のブーツとは大違い。大反省いたしますー。



"ウエスタンブーツ コレクションNo.8" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント