ウエスタンブーツ コレクションNo.10 

アンダーソンビーンのローパーブーツ
これはレディース、女性用ですね。
福禄寿さんで見せていただいたもので、やはりソールはゴムでカスタムされていました。
画像

かなり上等なオーストリッチみたいで、ピンの立ち方がはっきりとして美しい。
女性用で面積が小さいからよけいなのかもしれませんが、目がたいへんきれいにそろっています。
僕のイメージでは高級ブランドのハンドバッグの素材になっててもおかしくないいい素材に見えました。
アンダーソンビーンはリオスオブメルセデスのデフュージョンブランドという位置付けですが、なかなかすばらしい素材です。
ブランドものの高価なバッグ持つより、よほどこのウエスタンブーツ履いたほうがかっこいい!

画像

トウはローパーブーツらしく少しスクエアっぽいかたち。
履きやすそうなのが一目でわかります。トウの尖ったウエスタンブーツとはまた違った趣きがあり、全体的にコロンとした丸いイメージがこのブラウン系のツートーンにぴったり。
かわいいブーツですね。僕はラウンドトウ系のローパーブーツは持ってないので一本はこういったタイプが欲しいくなってきました。(というより見せていただく度に欲しがっているようですけど。)
ダブルウエルトになっておりまして、アメリカではこういうデザインが流行してると聞いたことがあります。
ダブルウエルトはどうしてもソール張り替えの時に縫い目がそろいにくいので、出来るだけソールセイバー(革底保護と滑り止めのために貼る薄いゴムのこと)を貼ってはうがいいのでは?とのアドバイスをいただきました。
画像

このウエスタンブーツには実はアンダーソンビーンのタグはありません。かわりにこのタグが貼ってありました。
いわゆるダブルネームというタイプでしょうか、LOGANというショップ?
こういうウエスタンブーツでスカートとかはくといい感じなんでしょうね。一時期のラルフローレンみたいになるのかなー。

どうしても高価な皮革を使ったウエスタンブーツ履くとお出かけ用とかにしてしまいがち。
そうすると履く機会がおのずと減ってきちゃうんですよね。
でもこうやって日常使用にむけてカスタムされたブーツみると、履かないとかえってもったいないなーと思えてきます。
ちょっと前まではオストリッチのブーツなんてマニア向けの特殊なものってイメージでしたけど、こうやって女性が履いて街に出かけてもらえたらイメージも明るくなる。スポーツ新聞の広告にのってるオストリッチのブリーフケースなんていうオヤジのイメージから一気に脱出ですよ。
しかしかわいいブーツです。

"ウエスタンブーツ コレクションNo.10 " へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント