Olathe オレイサ 博多アメリカ屋さん

Olathe オレイサ グリーンのトップ
これもシャフトが長い、
画像


こちらはプル・ホールではなくプル・ストラップになっってるが、やはり手袋したままでも扱いやすそうな大きめにつくられてる。
画像


トップの刺繍は繊細でグラデーション。
画像


ヒールカウンターが面白い。写真で白くなってるところのことです。
スパーつまり拍車を取り付けた時にこのかかとの部分が傷みやすくなります。
そこで、この部分だけキズがつきにくい革、たとえばサメ革を使ったものなどを良く見かけます。
このOlatheの白っぽい革は生革だとおっしゃってました。
生革とはおそらく、なめしを行わず脱毛だけ行われた革のことでしょう。
太鼓のなどに張られている非常に丈夫な革。
画像


甲の部分も革が二重になってます。
これもおそらくスパーのためじゃないかな。
画像


そしてMADE IN USAのタグ。
このタグが足に擦れて痛いんだよなー。
画像
でも、僕にはここまで長いブーツは履けないから心配いらないか.....

"Olathe オレイサ 博多アメリカ屋さん" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント