テーマ:修理/手入れ

福禄寿さんへ行ってきました!!

こういうちょっとしたモノがこの空間を特別なものにしています。新しい福禄寿工房へ足を踏み入れてゆくと..... ブーツやバイクのソリッド感が分かる人には、まさにこの場所は心落ち着く部屋。 福禄寿オリジナル、エンジニアブーツのバックルを見せていただきました。一番右が当時ものオリジナル。 93年頃のウエスコなどのエンジニアに使われて…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ブーツの聖地!福禄寿さんへ行ってきました!!

福禄寿さん、いわゆる山谷、にあるブーツの聖地、最近、移転されたとのことで行ってきました。 この山谷という場所に存在する意味、それはこの地に足を踏み込まないと決してわからないでしょう。 そして、この意味を感じられる人とそうでない人に分かれるはず。 ヘヴィな空気を纏いつつ。 ブーツはこの地で新たな生命を吹き込まれる。 店舗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブーツでバイク

ウエスタンブーツでバイクに乗るって、けっこういいですよ。特にアメリカン系バイクにはぴったりな感じ。当たり前だけど。 でも革底のウエスタンブーツでバイクに乗ると非常に危険です、滑りますからね。 で、このようなソールセーバーと言われるゴムを貼るか、ソール自体をゴムに交換するなどのカスタムが必要です。 もっとグリップ力が必要な人…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ヒールのゴムを交換しなくては。

ここのところ、デイリーに履いているブーツ。 オーストリッチと言えば高級素材なので、ガンガン履いてるっていうのは贅沢に聞こえるかもしれませんが、柔らかくて最高に履きやすい革なので、日常使いには最高だと思います。 と、浮かれて履き続けてたら、ヒールキャップがすり減りまくってた。 なんと!積み革まで削られる寸前でした。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

カビだ!!

先日のカビ。 一足しかないAnderson Beanのブーツにカビ生えました。 本当はもっとひどい状態になっていたのですが、カビみた瞬間に写真とることも思い浮かばす拭ってしまいました。 正直まいりました。 20年くらい履いてる相棒だったのですが、一度カビを生やしてしまうとしつこいですね。 一回目のカビの時にはア…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ハイブリッド・ソールに換装カスタム修理

Rios of Mercedes、以前ご紹介したハイブリッドソールに交換修理したものを見せていただきました。 修理作業は福禄寿の奥山さん。 さすがは奥山さん、美しく仕上がっております。 これが新しいソール素材。革ソールにゴムがはじめからくっついてます。 ベーリーさんが独自にリオスから直に輸入された修理部品だそうです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カビと戦う。

これは医療用アルコール。 注射する時に脱脂綿で塗られてすーっとする、例のあれです。 カビ対策に、と医療関係で働いてる知り合いからいただきました。 今頃カビの話題?と思ってる方も多いはず。 実は去年の夏に自宅のエアコンが故障してしまい、一週間ほどエアコンなしで過ごしました。 その時にまたしても!カビが発生していたのであり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ダチョウ系はヒビ割れます?

久しぶりに登場させたAndersonBeanアンダーソン・ビーンです。 ダチョウの革って手入れが悪い場合、縫い目に沿ってヒビが入ることがあるようです。 で、この画像です、見えにくいですがきっちりヒビ割れてます。 この写真はパソコンじゃないと見えないかもしれませんね。 実は他にも数カ所ヒビ割れてました。 ちなみにこの…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Sole Saver

福禄寿さんで貼ってもらいました、ゴムのソールセーバー。 革底にゴムを貼るのは貧乏くさい、と嫌う方もいらっしゃいますね。 でもちょこっとバイクに乗ったりする人は絶対必要な加工です。 革のままではすべって危険ですからバイクには乗れません。 そしてバイクに乗るためには、足裏全体をゴム貼ることが必要です。 これもしっか…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ヒールのゴムを修理

先日来、修理しないと...と思っていたリオスオブメルセデス。 修理前の記事はこちら ようやくゴム交換しました。 ここのところ福禄寿さんが修理受付をストップされているようなので、近所のふつーの修理屋さんへだしました。 修理の帰りにいきなり履いて帰ったので、すでに砂がついてます、すみません。 ごく普通の靴修理屋さん作業…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ウエスタンブーツを一気に磨く。そしてキズ修理。

正月早々、鼻風邪ひいてしまい、ぐずってました。 出かけるのも気が乗らないので、部屋でブーツ磨きなどしてみました。 実は、わたくし、ほとんどブーツを磨かない人なのですが、思いたったら一気にやっちゃいます。 今日はレクソルを手ですりこんでます。 ブーツに足を入れる時と履いた直後には、けっこうマメにブラッシングはしています…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そろそろ修理か?

これは僕がいつも履いてるリオスオブメルセデス。 近所を歩く時にも使ってるので、けっこう使用頻度の高いブーツ。 それなりに痛みも激しいです。 リオスオブメルセデスのヒールのゴムは他社のものに比べて分厚いと思います。 この厚みがリオスオブメルセデスの無骨感を高めてる一因だと思いますね。 そして僕のゴムはそろそろ限界。 も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ウエスタンブーツにカビ

朝起きたら、カビが生えてた。 あれだけ気をつけてたのに。 やはり、この季節、雨が続く日は用心しなくてはなりません。 今までの教訓を生かして室内に置いていたのですが、空気の流れが悪い場所だったのか? とりあえずは拭き取って、ブラシをかけておきました。 でも、一回生えるとまた生えるんですよね。 皆様もお気をつけて…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

オリジナルグッズ

侍ウサギのオリジナルグッズが欲しくて自分で作成中。 画像はブーツのお手入れクロス用に用意した布に侍ウサギをプリント。 そして洗濯実験中。 今のところ、たいした色落ちもなくいい感じ。 地道にハンドメイドです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特殊な工具 ウエスタンブーツ用

一見すると普通のペンチか何かにみえますが、 ブーツの底に出てきた釘などを切り取るニッパーです。 横から見ると... 長い筒の上から届きやすいように長くてしかもカーブしています。 先はごく普通のニッパーですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソールの色をチェンジする!

ナチュラルカラーのソールをチョコにチェンジ! こないだベーリーストックマンさんに行った時に、スタッフの方が実験をかねてご自分のブーツで作業されてらっしゃったので写真に撮らせていただきました。 ちょっとしたことですが、ソールの色がブーツの印象に与える印象は大きいものですね。 乾いていけば、かなりいい感じになります。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カウボーイハットのシェイプ

カウボーイといえばブーツとともに、ハットは欠かせないアイテムですね。 僕も子供の頃からテレビ映画観たりする度にカウボーイハットに憧れてましたよ。 しかし、本格的なフェルト製のハットを被ったことがないので、まったく知識がありません。 ショップに行った時に偶然、ハットの形を整える作業をしてらっしゃったので撮影してきました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ワニ革はいかにしてマロンになったか。

前回からの続きです。 市販の用品や酢も使わずにどうやって白い粉を取り去ったか、というと、これです。激落ちスポンジ。 じつは塩だけじゃなく、ヴァンプ表面に塗られていたコーティングが剥げてまだらになってたので、ついでに擦り落としてしまえ!という魂胆。 結果的には上出来。 流行りのマット仕上げみたいになりました。 でも擦…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

白い粉がふいてきた!

前回のつづき。 レクソルのクリーナーを使ってゴシゴシ丸洗いした後、乾いてきたブーツを見ると...... こんな白い粉が.... いわゆる塩がふくといわれる状態でしょうか? こういう症状にはそれなりのケア用品が発売されています。 あまり知られていないようですが、高価なケア用品がなくても大丈夫。 手軽な代用品は「酢」です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワニ革のウエスタンブーツ

ウエスタンブーツのサイトをやってると、たまに良い事あります。 ワニ革のブーツをもらっちゃいました! 解体でもして下さい、とのコメントをいただいております。どこを見てもブランドの表記がなく、そこそこ使い込まれたブーツです。 僕にくれた方もユーズドで買ったそうで、メーカーの情報はありません。 ヴァンプとヒールカウンターはワン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウエスタンブーツといえば「ヒール」です。

ウエスタンブーツを構成するパーツとしては欠かせないヒールですが、本場ではこうやって修理部品として売られているそうです。 聞くところによるとこういう部品を作る専業屋さんがいるそうで、大手のブーツメーカーも自製しているのではなくパーツ屋さんから購入することも多いそうです。 まあ、そういう意味ではスイスの時計メーカーなどとシステム…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ウエスタンブーツのサイズ調整 甲がキツくて..ストレッチだ!!

今回は友人のリオスオブメルセデスをサイズ調整です。 甲の部分が狭かったそうで、しばらくの間はだましだまし履いていたそうですが、最近は我慢の限界に。 で、ストレッチャーにて作業。 やはりブーツはシャフト(ブーツの筒の部分の意)がある分、シューズ用の器具とは違うようです。革の種類によっても効果の差はあるようですし、作業時間…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

キャッツポウ 

ウエスタンブーツのヒール修理用のゴム製ヒールキャップですが、前回の続きで福禄寿さんの材料の様子。 無造作に見本が積まれていますが、中には貴重なキャッツポウが。白くて丸くなった部分がいかにもキャッツポウ そして手前にあるのは、なんとリオスオブメルセデスも使っている部品。 厚さが違います。 通常の倍の厚さで約10ミリあり、これがリオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウエスタンブーツのシャンク!  福禄寿さんにて

スチール製のシャンク 福禄寿さんにお願い事があって訪問してきました。 そこでいろいろ新着パーツがあったので写真をパチリ。 奥に見えるのが、福禄寿の店主、奥山さんがアメリカのブーツ部品店で購入してきたという鉄製のシャンク部品。 これはいわゆる汎用品だそうで、一般的な修理に使われているもの。 そして手前のシャンク、これはブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウエスタンブーツのキズ修理 自分で出来ます!

僕のロケットバスター、トウに擦り傷があります。 どうしてもここの部分は階段を上がったりする時にぶつけたりしやすいんです。 で、たまに、ありゃりゃーて思うくらいに擦って革が剥けたりするんですよ~。 そこで、このコロンブスのアドカラーの登場です。 業務用となっていますが、東急ハンズで売ってます。 楽天では傷の補修用クリーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カビの季節がやってきますよー!

ウエスタンブーツフリークのみなさま! 警報です、警報!! そろそろあの恐ろしいカビの季節がやってきますよー! もし玄関に、しかも床に直置きされてる方がいらっしゃったら、出来るだけ早く避難したほうがいいですよ! カビはすぐそこまでやって来ています、これは間違いない! 以前のカビ記事を参照してください! こんなカビ あんな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ウエルトステッチのお手入れ

白いウエルトステッチはどうしても汚れてしまいますよね。 人に踏まれたり、どこかにぶつけてたりして。 それをなんとかしたい! で、なんとかしたのがこの写真。 まだ若干は補修の余地ありですが、少しはマシになってませんか? 使ったのはコレ。 白い色鉛筆です。 色鉛筆は大別して油性と水性があるのですが、単純に水…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

釘のはなし その2

前回から話題になってるウエスタンブーツの底に出ていた釘の続きです。 ブーツを履いた時に足に釘が刺さるなんて考えただけでも恐ろしいことですが、今回はもう少し詳しくベーリーストックマンさんで聞いてきました。 いままで撮ってきた画像の中にちょうど良い写真をみつけたのでご紹介します。 これは作成途中のウエスタンブーツです。(研究用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トニーラマのヒール内側に釘が出て来た!

前回のコメントにお寄せいただいてる内容ですが、じつは以前掲示板で話題になったおはなしなんです。 これは正常な状態の内部。 ウエスタンブーツの内側をのぞいて見ると、かかと部分の革が妙に波うっています。 おおよそ内側はこのようになっていますが、特に問題はないのが普通です。 しかし、問題のトニーラマは足に違和感があるくらい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

トニーラマ 破れてしまいました。

トニーラマのウエスタンブーツ、少し裂けてしまいました。 これはスキャラップの部分,うしろ側です。 こないだ酔っぱらってトニーラマを履こうとしたのですが、足のむくみのためか少しきつい感じ。 そこでフラフラする頭と体を支えつつ、ぐいぐいと履きつつ酔いにまかせて思いっきり引っ張っりあげ...なんとか足を突っ込みました。 が、な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more