初めての方はホームページ『SamuraiBoots Co.』からどうぞ

ウエスタンブーツ生活『サムライブーツCo.』

アクセスカウンタ

zoom RSS 八つ墓村へ、ブーツがゆく!

<<   作成日時 : 2014/10/30 07:27   >>

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
この古いお屋敷を観た記憶ないですか?
画像
今回のタイトルどおり、ここが映画『八つ墓村』のロケ地なんです。

ブーツがゆくはSamurai Bootsのメインテーマなのですが、まったくもって不人気なんですよね。
ブーツ生活を楽しむ、というのがブログの目的なので当然この企画がメインになるのですが…
ごく一部のブーツフリークの方には、ご自分でブーツがゆく、を撮影してたりと楽しんでもらえてるのですがね….。
ま。そんな人気のことはどうでもいいか。今回もやります!ブーツがゆく。


場所は岡山高梁市の山あい。
横溝正史の金田一シリーズは岡山辺りが舞台になってることが多いですね。
古いポスター。
画像
どうやら昔からの庄屋さんだったようで、想像以上の大邸宅でした。
画像

見学出来ますが畳の上には上がることが許されていません。
外からパチリ。
画像

土間には入ることが出来ます。


長い年月を経たものが持つ独特の空気がありますね。
画像

画像

大きな改修などは施されていないようで、文化財などにありがちな博物館っぽい匂いはなく、かなりリアルなビンテージ感がただよってます。
画像
それは決して悪い意味ではなくて、人が住んでいた頃の情景が浮かんでくる使い込まれた道具のような空気感です。
きっとブーツ好きな人にはわかってもらえると思うな。
画像
蔵には江戸時代の道具焼き物が展示されています。
画像


家の裏側が圧巻です。
画像
裏手にある岩の間から水が滴っており、そのまま水場になってます。
気温がここだけ低く、暗くて霧が舞っています。
八つ墓村の登場人物がここにたたずんでいてもおかしくない場所。
ちょっと背筋がぞくっとします。

画像

せっかくだから『八つ墓村』のビデオでも借りてこようかな。

このあと岡山高梁市、もう少しご紹介します。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コメントは管理人により予告なく削除することがあります。
画像
author:しずき 

ご連絡はMAILでどうぞ!

初めての方はホームページ『SamuraiBoots Co.』からどうぞ
八つ墓村へ、ブーツがゆく!  ウエスタンブーツ生活『サムライブーツCo.』/BIGLOBEウェブリブログ
Facebookページ SamuraiBootsのFacebook始めました!
文字サイズ:       閉じる